川越能

能 「船弁慶」

  • HOME »
  • 能 「船弁慶」

能 「船弁慶」 (ふなべんけい)

兄頼朝と不和となり都落ちし西国にむかう義経は
弁慶ほか少数の家来とともに摂津の大物の浦に着く。
都より義経を慕ってついてきた静御前は、
時節が来るまで待つようにと命じられ、
船出と別れの舞を舞い泣く泣く都へ帰って行く。
船出すると間もなく俄かに天候が変わり、荒れ狂う海の中から、
平知盛の亡霊が義経を生みに引き込もうと長刃を振りかざし襲って来る。
前場の静の別れの舞、後場は知盛、弁慶、義経、船頭、さらに囃子、
目にも耳にも迫力満点の人気曲。

お問い合わせは川越能奉賛会まで TEL 049-235-1003

PAGETOP
Copyright © 川越能奉賛会 All Rights Reserved.